サイト仲介業者に任せるメリット

サイトM&Aの価格交渉は仲介業者のほうが得意です

サイトM&Aの際に仲介業者に入ってもらうと、手数料がかかるから嫌だと考える人がけっこういますが、実際に直接交渉でサイトM&Aを行うと、とても大変な作業になりますし、詐欺に遭う恐れも否定できません。仲介業者に任せることのメリットについて考えてみましょう。
まず、仲介業者はサイトM&Aの価格交渉をしてくれます。サイトM&Aに長けている人なら別ですが、それほど経験がないなら、相手が提示している金額は安すぎないか高すぎないか、わかりにくいですし、自分の思い通りに交渉するのも難しいので、結局は話が決裂してしまいます。その点、価格交渉を仲介業者に任せれば、精神的負担も時間の無駄もなく、スムーズに売買交渉が進みます。

契約書の作成も代金の受け渡しも安心できます

またサイトM&Aのときには契約書が必要になります。たいていの仲介業者は契約書を作ってくれます。自分たちで契約書を作ろうとしても煩雑すぎて、結局は司法書士や弁護士に依頼することになる場合が多いです。そうしたらその分、時間も費用もかかるわけで、それなら最初から仲介業者に依頼したほうが楽です。 さらに、売買代金の受け渡しがとても重要です。データを全部渡したのに代金を払ってくれない、代金を支払ったのに不具合のあるデータを渡されたなど、トラブルがつきものです。そういうときに仲介業者の「エスクローサービス」を使うと安心できます。これは、仲介業者が買主からいったん売上代金を預かってくれて、データの引き渡しが終了し、データにも問題がないことがわかってから、仲介業者が売主にその代金を支払ってくれるというものです。これならトラブルも防げて、安心して取引ができます。